昭和大学歯科補綴学講座

昭和大学歯科補綴学講座

NEWS & TOPICS

学会・論文

2020.05.14

2019年度 業績集

学会・論文

原著

1. Nishiyama H, Taniguchi A, Tanaka S, Baba K:
Novel fully digital workflow for removable partial denture fabrication.
J Prosthodont Res. 2019 Jun; pii: S1883-1958(19)30022-2. doi: 10.1016/j.jpor.2019.05.002.

2. Takeuchi-Sato T, Ono Y, Funato M, Sato H, Suganuma T, Baba K:
Efficacy of an email-based recording and reminding daytime non-functional tooth contact in patients with temporomandibular disorders: A randomized controlled trial.
J Oral Rehabil. 2020 Feb; 47(2), 158-163, doi: 10.1111/joor.12875.

3. Miyoshi K, Tanaka S, Yokoyama S, Sanda M, Baba K:
Effects of different types of intraoral scanners and scanning ranges on the precision of digital implant impressions in edentulous maxilla: An in vitro study.
Clin Oral Impl Res. 2020 Jan; 31(1):74-83. doi: 10.1111/clr.13548 .

4. Matsumoto A, Takami M, Urano E, Nakamachi T, Yoshimura K, Yamada A, Suzawa T, Miyamoto Y, Baba K, Kamijo R:
Lipopolysaccharide (LPS) inhibits ectopic bone formation induced by bone morphogenetic protein-2 and TGF-β1 through IL-1β production.
J Oral Biosci. 2020 Mar; 62(1):44-51. doi: 10.1016/j.job.2020.01.004.

5. Sugisaki R, Miyamoto Y, Yoshimura K, Sasa K, Kaneko K, Tanaka M, Itose M, Inoue S, Baba K, Shirota T, Chikazu D, Kamijo R:
Possible involvement of elastase in enhanced osteoclast differentiation by neutrophils through degradation of osteoprotegerin.
Bone. 2020 Mar; 132:115216. doi: 10.1016/j.bone.2019.115216.

6. Kenji Ikeya:
Characteristics and dental applications of atelocollagen.
The Journal of Dental Engineering,日本歯科理工学会誌 39(1): 9-12, 2019

7. 安部友佳:
Implant-assisted Removable Partial Denture に焦点を当てた部分欠損歯列の治療オプションの考察.
日本補綴歯科学会誌 12(1): 29-35, 2020.

総説

1. Koka S, Baba K, Ercoli C, Fitzpatrick B, Jiang X:
Leadership in an academic discipline.
J Dent. 2019 Aug; 87:40-44. doi: 10.1016/j.dent.2019.05.020.

2. 西山弘崇, 馬場一美:
デジタル・デンティストリーの近未来-超高齢社会における新たな補綴歯科治療の枠組み-
日本デジタル歯科学会誌 9: 151-157, 2020

症例報告

1. 樋口大輔, 楠本友里子, 片岡 有, 馬場一美:
ジルコニア製上部構造とインプラント体の連結部よりチタンが検出された症例.第49回日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集, p63, 2019
(第49回日本口腔インプラント学会学術大会, 福岡, 2019年9月20〜22日)

2. 守尾靜子, 古谷彰伸, 横山麻由子, 馬場一美:
重度歯周病をスプリントデンチャー®で回復をした症例.
日本歯科審美学会 第30回学術講演会 プログラム・抄録集, p58, 2019
(日本歯科審美学会 第30回学術講演会,東京,2019年11月30日〜12月1日)

3. 古谷彰伸, 横山麻由子, 守尾靜子, 高田恒彦, 石田裕美, 三宮恵子, 妹尾ゆかり, 山本朋子, 西 治, 前島健吾, 坪田健嗣, 馬場一美:
スプリントデンチャー®を用いた補綴臨床症例.
日本歯科審美学会 第30回学術講演会 プログラム・抄録集, p64, 2019
(日本歯科審美学会 第30回学術講演会,東京,2019年11月30日〜12月1日)

4. 石田和弘, 石浦雄一, 尾関雅彦, 馬場一美:
アクリルレジン床義歯にノンメタルクラスプを使用し審美および機能回復を行った3年経過症例.
日本歯科審美学会 第30回学術講演会 プログラム・抄録集, p65, 2019
(日本歯科審美学会 第30回学術講演会,東京,2019年11月30日〜12月1日)

5. 三田稔, 飯泉亜依, 田中晋平, 馬場一美:
口腔内スキャナーを用いてモデルレスのインプラント治療を行った2症例.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p34, 2019
(日本補綴歯科学会 第23回東京支部総会, 東京, 2019年12月8日)

6. 浦野絵里:
高度な顎堤吸収を伴う下顎無歯顎患者へインプラントオーバーデンチャーを用いた1症例.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p39, 2019
(日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会,東京,2019年12月8日)

7. 片岡真理江:
インプラントを用いた全顎的補綴処置にて機能回復及び審美回復した症例.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p40, 2019
(日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会,東京,2019年12月8日)

8. 原真央子:
下顎両側遊離端欠損に対して口腔インプラントにより咀嚼機能を回復した1症例.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p38, 2019
(日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会,東京,2019年12月8日)

9. 原真央子:
下顎臼歯部の遊離端欠損にインプラント補綴を行なった一症例.
(日本口腔インプラント学会 2019年度ケースプレゼンテーション試験, 東京, 2020年1月12日)

10. 池谷賢二:
強い嘔吐反射を伴う下顎右側大臼歯欠損患者に対し, インプラントで機能回復した1症例.
(日本口腔インプラント学会 2019年度ケースプレゼンテーション試験, 東京, 2020年1月12日)

著書
1. 高場雅之, 西山弘崇, 馬場一美(分担執筆):第Ⅰ章 光学印象と支台歯形成
八巻知里, 各務信幸, 馬場一美(分担執筆):第Ⅱ章 ラボから見た適合の良い補綴装置が製作できる支台歯形成
田中晋平, 上村江美, 馬場一美(分担執筆):第Ⅲ章 光学印象に対応したクラウン・ブリッジの支台歯形成
日本歯科評論11月号「特集 デジタル時代の支台歯形成-光学印象とCAD/CAMを見据えて形成の技術を高めよう」
東京,2019,株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, pp32-42, pp43-50, pp51-61.

2. 西山暁, 馬場一美(分担執筆):
3章 患者さんの訴えの種類に応じた問診・説明をしよう! 患者さんの訴え その2「口が開かない」
小見山 道, 馬場一美, 矢谷博文, 和嶋浩一(編):患者さんへの説明にそのまま使える! 顎関節症の三大症状, アゴが痛い!口が開かない!アゴから音がする! その検査・診断・治療を優しく教えます.別冊the Quintessence TMD YEAR BOOK 2019/2020
東京, 2019, クインテッセンス出版株式会社, pp62-87

3. 安部友佳,馬場一美(分担執筆):
第3章 パーシャルデンチャー 59.設計② サベイング 60.支台装置の選択 61.設計の実際
小見山 道, 鎌田征之, 稲垣伸彦, 松丸悠一(編):聞くに聞けない補綴治療100.
東京, 2019, デンタルダイヤモンド社, pp110-112, pp113-115, pp116-118

4. 高場雅之, 馬場一美(分担執筆):
第1章 基礎編 3. 口腔内スキャナーを用いる際の咬合採得
西山弘崇, 馬場一美(分担執筆):
第2章 臨床編 1. 口腔内スキャナーのための支台歯形成と前準備
上村江美, 馬場一美(分担執筆):
第2章 臨床編 2. 口腔内スキャナーの具体的な使い方
田中晋平, 馬場一美(分担執筆):
第2章 臨床編 3. インプラント治療における口腔内スキャナーの有用性と使い方
疋田一洋, 馬場一美(編):補綴臨床別冊「口腔内スキャナー入門 – デジタル印象採得の基礎と臨床 – 」.東京, 2019, 医歯薬出版株式会社, pp1, pp33-37, pp80-86, pp87-97, pp98-106

5. 馬場一美(共著):
どんな治療をご希望ですか? 2-3.歯型をとらずにクラウンができるの?
公益社団法人 日本補綴歯科学会(編):お口のトラブル解決します! – 補綴歯科へようこそ – .東京, 2019, 医歯薬出版株式会社, pp18

6. Baba K, Abe Y, Khoury S, Lobbezoo F(分担執筆):
Section Ⅲ Sleep Bruxism:From Oral Behavior to Disorder 28.Genetic and Environmental factors in SB.
Lavigne, Gilles J,Cistulli, Peter A,Smith, Michael T(編):Sleep Medicine for Dentists: An Evidence-Based Overview, Second Edition.Batavia, IL, 2020, QUINTESSENCE PUBLISHING USA, pp146-151

7. 小原大宜, 安部友佳(分担執筆):
論文抄訳 Wear behavior of graded glass/zirconia crowns and their antagonists.
ガラスセラミックス/ジルコニア傾斜機能クラウンとその対合歯の摩耗特性.
論文抄訳 Effects of contingent vibratory stimulus delivered by an intra-oral device on sleep bruxism: a pilot study.
振動刺激を用いた睡眠時ブラキシズム抑制装置の効果.
風間龍之輔(編):Journal of Innovative Zahnmedizin
東京, 2019, Innovative Zahanmedizin, pp18-21, pp22-25

8. 馬場一美, 吉田裕哉(分担執筆):
講演論文 睡眠時ブラキシズム -治療予後向上のための理論と実践-.
風間龍之輔(編):Journal of Innovative Zahnmedizin
東京, 2019, Innovative Zahanmedizin, pp6-17

9. 西山弘崇:
REPORT IDS国際デンタルショー 2019に参加して −世界最大のデンタルショーからDigital Dentistryを紐解く−.
日本歯科評論6月号「CLINICAL PROGRESS & REPORT」
東京, 2019, 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, pp145-148.

学会報告

1. 中井健人, 安部友佳, 帆足有理恵, Avijite Kumer Sarkar, 小溪啓介, 松本貴志, 安原理佳, 美島健二, 中村史朗, 井上富雄, 志賀孝宏, 赤松和土, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズム特異的iPS細胞由来GABA作動性神経細胞の電気生理学的評価.
日本補綴歯科学会 第128回学術大会 プログラム・抄録集, p55, 2019
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月10〜12日)

2.   中里友香理, 中村浩崇, 小原大宜, 高場雅之, 安部友佳, 菅沼岳史, 馬場一美:
(課題口演)振動フィードバック刺激を用いた睡眠時ブラキシズムの抑制.
日本補綴歯科学会 第128回学術大会 プログラム・抄録集, p42, 2019
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月10~12日)

3. 谷口飛鳥, 西山弘崇, 田中晋平, 高場雅之, 横山紗和子, 上村江美, 三好敬太, 岩内洋太郎, 飯泉亜衣, 皆川澪那, 平野麻結子, 馬場一美:
口腔内スキャナーによるデジタル辺縁形成の検証.
日本補綴歯科学会第128回学術大会 プログラム・抄録集, p51, 2019
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019 年5月10~12日)

4. 三田稔, 飯泉亜依, 田中晋平, 馬場一美:
デジタルテクノロジーを用いたモデルレスのインプラント治療.
ストローマンフォーラム2019 プログラム・事前抄録集, p145, 2019
(ストローマンフォーラム2019, 東京, 2019年5月18〜19日)

5. Nakai K, Abe Y, Hoashi Y, Nakamura S, Shiga T, Avijite K S, Yasuhara R, Matsumoto T, Kotani K, Inoue T, Mishima K, Akamatsu W, Baba K:
Patch-clamp recordings of neurons induced from sleep bruxism patient-specific iPSCs.
97th General Session & Exhibition of the IADR Program Book, p246, 2019
(97th General Session & Exhibition of the IADR, Vancouver, Canada, June 19th-22th, 2019)

6. Nakai K, Abe Y, Shiga T, Hoashi Y, Nakamura S, Avijite K S, Yasuhara R, Matsumoto T, Kotani K, Inoue T, Mishima K, Akamatsu W, Baba K:
ELECTROPHYSIOLOGICAL RECORDINGS OF NEURONS DERIVED FROM SLEEP BRUXISM PATIENT-SPECIFIC IPSCS.
ISSCR 2019 Annual Meeting Program Guide, 2019
(ISSCR 2019 Annual Meeting, Los Angeles, USA, June 26th-29th, 2019)

7. 楠本友里子, 樋口大輔, 松本貴志, 三田稔, 原真央子, 武川佳世, 馬場一美:
インプラント補綴治療法の違いが上下無歯顎患者の口腔関連QoLに与える影響.
第356回昭和大学学士会例会和文抄録集, p5, 2019
(第356回昭和大学学士会例会, 東京, 2019年6月29日)

8. 樋口大輔, 杉村江美, 楠本友里子, 武川佳世, 馬場一美:
アルツハイマー患者に対してインプラント補綴装置を固定性から可撤性へ変更した症例.
認知症と口腔機能研究会 第1回学術集会 プログラム・抄録集, p45, 2019.(認知症と口腔機能研究会 第1回学術集会, 東京, 2019年8月3~4日)

9. 小原大宜, 中里友香理, 中村浩崇, 高場雅之, 安部友佳, 菅沼岳史,井上政昭, 佐藤薫, 吉田真, 馬場一美:
振動刺激による睡眠時ブラキシズム抑制装置の実用化に向けて.
日本歯科医学会 第35回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(令和元年度)」 プログラム・抄録集, p7, 2019
(日本歯科医学会 第35回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(令和元年度)」, 東京, 2019年8月28日)

10. Nishiyama H, Taniguchi A, Sanda M, Tanaka S, Baba K:
Fabrication of removable partial dentures by fully digitalized workflow: a case report.
36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2019 Program Book, p29, 2019
(36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists , Amsterdam, The Netherlands, September 4th-7th, 2019)

11. Nakazato Y, Nakamura H, Ohara H, Takaba M, Abe Y, Suganuma T, Baba K:
Inhibitory Effects of Vibratory Stimulus Via an Occlusal Splint on Sleep Bruxism.
36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2019 Program Book, p26, 2019
(36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists , Amsterdam, The Netherlands, September 4th-7th, 2019)

12. Miyoshi K, Tanaka S, Yokoyama S, Takaba M, Nishiyama H, Kamimura E,Baba K:
Effects of different types of intraoral scanners and scanning ranges on digital impression precision.
36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2019 Program Book, p209-210, 2019
(36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, Amsterdam, The Netherlands, September 4th-7th, 2019)

13. Kusumoto Y, Higuchi D, Sanda M, Matsumoto T, Yokoyama S, Baba K:
Effects of types of implant prostheses on oral health-related quality of life in edentulous patients.
36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2019 Program Book, p195, 2019
(36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists , Amsterdam, The Netherlands, September 4th-7th, 2019)

14. 三好敬太, 田中晋平, 三田稔, 横山紗和子, 上村江美, 西山弘崇, 高場雅之, 馬場一美:
上顎無歯顎インプラント治療におけるデジタル印象の精度に対する口腔内スキャナーの種類とスキャニング範囲の影響.
第49回日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集, p60, 2019
(第49回日本口腔インプラント学会学術大会, 福岡, 2019年9月20〜22日)

15. 小原大宜, 中里友香理, 青木理紗, 吉田裕哉, 高場雅之, 安部友佳, 菅沼岳史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムに対する振動刺激を用いた長期的抑制効果の予備的検証.
日本顎口腔機能学会第63回学術大会 プログラム・事前抄録集, p18, 2019
(日本顎口腔機能学会第63回学術大会, 東京, 2019年10月26~27日)

16. 谷口飛鳥, 西山弘崇, 田中晋平, 馬場一美:
口腔内スキャナーによるデジタル辺縁形成の検証.
第66回昭和大学学士会総会 プログラム・抄録集, p21, 2019
(第66回昭和大学学士会総会, 東京, 2019年11月30日)

17. 中井健人, 安部友佳, 帆足有理恵, 小溪啓介, 松本貴志, 安原理佳, 美島健二, 中村史朗, 井上富雄, 馬場一美:
iPS細胞を用いた睡眠時ブラキシズム病態解析モデルの確立.
第66回昭和大学学士会総会 プログラム・抄録集, p23, 2019
(第66回昭和大学学士会総会, 東京, 2019年11月30日)

18. 横山麻由子, 古谷彰伸, 守尾靜子, 馬場一美:
スプリントデンチャー®を用いて審美性を維持した治療の応用.
日本歯科審美学会 第30回学術講演会 プログラム・抄録集, p59, 2019
(日本歯科審美学会 第30回学術講演会, 東京, 2019年11月30日〜12月1日)

19. 三田稔, 飯泉亜依, 田中晋平, 馬場一美:
口腔内スキャナーを用いてモデルレスのインプラント治療を行った2症例.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p34,2019
(日本補綴歯科学会 第23回東京支部総会, 東京, 2019年12月8日)

20. 秋山友里, 岩佐文則, 大澤昴史, 松本貴志, 浦野絵里, 大嶋瑶子, 小渓 徹彦, 鈴木満, 馬場一美:
セリア安定化ジルコニアアルミナナノ複合体(Ce-TZP/Al2O3)の表面粗さがヒト歯肉繊維芽細胞(HGF-1)に与える影響.
日本補綴歯科学会 東京支部総会・第23回学術大会 プログラム・抄録集, p9, 2019
(日本補綴歯科学会 第23回東京支部総会, 東京, 2019年12月8日)

科研費

新規
1. 吉田裕哉:
若手研究, 研究課題番号:19K19138, 脳波評価を基盤とした薬剤投与による睡眠時ブラキシズム抑制効果発現メカニズムの解明.

2.    原真央子:
若手研究, 研究課題番号:19K19139, 無歯顎高齢者のQOLを保障する補綴治療介入モデルの構築.

3. 塚原明弘:
研究活動スタート支援, 研究課題番号:19K241531, 超高齢社会における義歯開発に向けたタンパク付着抑制を持つMPCポリマーの応用研究.

4. 大嶋瑶子:
若手研究, 研究課題番号:19K19104, 臨床応用に向けたセリア安定化アルミナ・ジルコニアインプラントの開発.

5. 中村浩崇:
若手研究, 研究課題番号:19K19140, 振動刺激を用いた睡眠時ブラキシズム抑制装置の効果の検証:ランダム化比較試験.

継続
6. 馬場一美:
基盤研究(B),研究課題番号:17H04395, ハイスループット化疾患iPS病態解析による睡眠時ブラキシズムの発症メカニズム解明.

7. 岩佐文則:
基盤研究(C),研究課題番号:17K11762, 光機能化ジルコニアインプラントの応用研究.

8. 田中晋平:
基盤研究(C),研究課題番号:17K11764, 光学印象採得と顎運動測定を統合した補綴装置製作システムの構築.

9.   安部友佳:
基盤研究(C),研究課題番号:18K09709, 睡眠時ブラキシズム特異的iPS細胞によるGABA作動性神経伝達機構の検討.

10. 松本貴志:
若手研究(B),研究課題番号:17K17187, セロトニン受容体高発現iPS細胞を用いた睡眠時ブラキシズム治療薬開発への基盤研究.

11. 浦野絵里:
若手研究(B),研究課題番号:16K20515, 硬組織再生を目的とした神経堤由来幹細胞の生体内分布解析とその培養方法の確立.

12. 西山弘崇:
若手研究,研究課題番号:18K17156, 有床義歯分野における光学印象法の確立‐デジタル筋圧形成の精度検証.

13. 池谷賢二:
若手研究,研究課題番号:18K17297, デンチャープラーク内細菌叢に対するMPCポリマーの影響.

14. 上村江美:
若手研究,研究課題番号:18K17127, フルデジタルで機能・色調形態が生体に調和した補綴装置を製作するシステムの構築.

15. 吉田裕哉:
若手研究(B),研究課題番号:17K17190, 臨床徴候を基盤とした新たな睡眠時ブラキシズム臨床診断基準の策定.

16. 横山紗和子:
基盤研究(C),研究課題番号:17K11763, 多数歯欠損患者に対するIARPD治療プロトコールの確立.

17. 鈴木航:
若手研究(B),研究課題番号:18K17128, 骨・軟骨形成における低分子量Gタンパク質Cdc42の機能解析.

18. 池田美菜子:
基盤研究(C),研究課題番号:18K09689, 光遺伝学的手法を用いたオレキシンの咀嚼運動に関わる調節機構の解明.

19. 福西美弥:
若手研究,研究課題番号:18K17296, MPCポリマーを用いた汚れない義歯の開発.

20. 戸澤友理恵:
若手研究(B),研究課題番号:17K17191, iPS細胞由来5-HT受容体発現神経細胞による睡眠時咀嚼筋筋活動の発生機序の解明.

21. 井上咲映:
若手研究(B),研究課題番号:18K17155, 軟骨変性疾患のVivoでのNADPHオキシダーゼに依存したヒアルロン酸分解の解明.

特許

1. 公報種別:特許公報 (B1)
特許番号:特許第6634567号 (P6634567)
登録日:令和1年12月27日
発行日:令和2年1月22日
発明の名称:歯ぎしり防止装置, クライアント端末, 及びサーバー
出願番号:特願2018-211415 (P2018-211415)
出願日:平成30年11月9日
特許権者:株式会社スカイネット, 学校法人昭和大学
発明者:馬場一美, 中村浩崇, 井上政昭, 佐藤薫

2. 公報種別:公開特許公報 (A)
公開番号:特開2015-214514 (P2015-214514A)
公開日:平成27年12月3日
発明の名称:歯科用組成物
出願番号:特願2014-98624(P2014-98624)
出願日:平成26年5月12日(2014.5.12)
出願人:サンメディカル株式会社
発明者:馬場一美, 岩佐文則, 高橋那奈, 福西美弥, 池谷賢二,
石原一彦, 井上祐貴, 大槻環, 小里達也, 荒田正三,
山本裕也, 山本隆司

その他

10. 馬場一美:
(雑誌)特別企画 ブラキシズムを有する患者へモノリシックジルコニアの適用は可能か?Part2 臨床から適用の可否を検討する.
(日本歯科評論79, p89-103, 2019)

11. 岩佐文則:
(講演)オーラルケアの重要性と知育開発.
(上海サミット, 上海, 2019年4月29日) 

12. 高場雅之:
(講演)シンポジウム6 インプラント治療における口腔内スキャナーの活用.
日本補綴歯科学会第128回学術大会 プログラム・抄録集, p91, 2019
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月12日)

13. 安部友佳:
(講演)臨床リレーセッション2 部分床義歯の力学を再考する〜天然歯を守るインプラント支持の活かし方~ IARPDのエビデンスに基づく治療オプションの考察.
日本補綴歯科学会第128回学術大会 プログラム・抄録集, p95, 2019
(日本補綴歯科学会第128回学術大会, 札幌, 2019年5月11日)

14. 帆足有理恵:
(コーディネーター)イブニングセッション5 歯科補綴学研究者によるiPS細胞研究が拓く病態解析と創薬の未来.
日本補綴歯科学会第128回学術大会 プログラム・抄録集, p119, 2019
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月11日)

15. 田中晋平:
(シンポジウム)インプラント治療におけるデジタルワークフローの戦略.Straumann FORUM 2019 プログラム&抄録集, p46, 2019
(Straumann FORUM 2019, 東京, 2019年5月18日〜19日)

16. 馬場一美:
(ランチョンセミナー)CPC含有洗口液のデンチャープラークに対する臨床的生物学的効果.
(第30回日本老年歯科医学会学術大会, 仙台, 2019年6月7日)

17. 田中晋平:
(講演)デジタル・デンティストリーが歯科医療を変革する -スポーツ歯科におけるデジタル・デンティストリーの可能性-.
日本スポーツ歯科学会第30回学術大会ランチョンセミナー1
(日本デジタル歯科学会第30回学術大会, 鹿児島, 2019年6月22日〜23日)

18. 樋口大輔:
(講演)IATEXA インプラントシステム ハンズオンセミナー(補綴医が教える安心安全なインプラント治療).
(IATEXA Hands on seminar, 埼玉, 2019年6月30日)

19. 田中晋平:
(講演)昭和大学歯科病院におけるフルデジタルワークフローの戦略.
(日本デジタル歯科学会夏季セミナー, 東京, 2019年7月7日)

20. 馬場一美, 眞坂信夫:
(依頼原稿:雑誌)女性のお悩み相談室37 歯ぎしり&食いしばり −歯のグラつき、あごの痛みは歯を失う前触れかも!? 歯ぎしり、食いしばりで歯を失う人が増加 30代で抜歯する人も−.
(日経ヘルス8月号日経ヘルス8月号, p78-81, 2019年7月2日)

21. Higuchi D:
IAT EXA PLUS Made-in-Japan Implant System Hands on seminar.
(IATEXA Hands on seminar for Bangladeshi dentist, Tochigi, July 22, 2019)

22. Higuchi D:
IAT EXA PLUS Made-in-Japan Implant System −Features and Clinical Cases−.
36th year of the ICP & 18th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2019 Program Book, p195, 2019.
(2019 Hong Kong International Dental Expo And Symposium HKIDEAS Product Seminar, Hong Kong, August 2, 2019)

23. 樋口大輔:
欠損歯を伴う口唇口蓋裂患者の矯正治療計画.
令和元年夏の口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会プログラム, p13, 2019.
(令和元年夏の口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会, 東京, 2019年8月22日)

24. Baba K & Kamposiora P:
(Moderator)Session A: Esthetic Dentistry/Digital Technology.
(36th Year & 18th Biennial Meeting of the ICP & Joint Meeting with the 43rd Annual Conference of the EPA, the Netherlands, Amsterdam, September 4-7, 2019)

25. 馬場一美:
(企画講演)インプラント上部構造としてのジルコニア 2.モノリシックジルコニアの基礎的性質と臨床応用.
第49回日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集, p83, 2019
(第49回日本口腔インプラント学会学術大会, 福岡, 2019年9月21日)

26. Baba K:
(ModeratorOpening Celemony –President Lecture of IADDM−, IADDM Special Lecture 1−5.
The 5th Annual Meeting of the Japan Academy of Digital Dentistry program, p31, 2019
(The 5th Annual Meeting of the Japan Academy of Digital Dentistry, Nara, October 4-6, 2019)

27. 岩佐文則:
(公開講座)第2部 綺麗な入れ歯で肺炎を予防しよう.
(第22回 昭和大学公開講座, 東京, 2019年10月5日)

28. 高場雅之:
(講演)シンポジウム1 口腔内スキャナーを用いたCAD/CAMの臨床.
(日本デジタル歯科学会 第10回学術大会, 奈良, 2019年10月6日)

29. 安部友佳:
(ウェブ記事監修)歯ぎしり(ブラキシズム).
(Doctors File, https://doctorsfile.jp/medication/107/, 2019年10月)

30. 馬場一美:
(特別講演)フルデジタルワークフロー概論 −現在の到達点と今後の展開−.
(第25回日本私立大学・歯学部附属病院歯科技工士協議会, 東京, 2019年10月3日)

31. 馬場一美:
(特別企画 座談会)(公社)日本補綴歯科学会のイノベーションロードマップを語る.
(日本補綴歯科学会誌 11 (4): p281-301, 東京, 2019 年10月10日)

32. 田中晋平:
(講演)口腔内スキャナーを用いたデジタルワークフロー −概要と有用性について−.
(日本歯科技工士会学術座談会, 東京, 2019年10月25日)

33. 馬場一美:
(大会長)開会の辞.
日本顎口腔機能学会第63回学術大会プログラム・事前抄録集, p3, 2019
(日本顎口腔機能学会第63回学術大会, 東京, 2019年10月26日)

34. 馬場一美:    
(座長)教育講演 睡眠時ブラキシズムの研究の壁.
日本顎口腔機能学会第63回学術大会プログラム・事前抄録集, p3, 2019
(日本顎口腔機能学会第63回学術大会, 東京, 2019年10月26日)

35. Ikeya K:
Characteristics and dental applications of atelocollagen.
The Journal of Dental Engineering, No.211, 2019.

36. 馬場一美:
(講演)デジタル・メタルレス化時代の到来:歯科医師に必要な知識と技能.
(品川歯科医師会学術講演会, 東京, 2019年10月29日)

37. Baba K:
(Moderator)Change in prosthetic treatment workflow: with or without dental model.
NUSFOD CPE Event: Evening Lecture for dental officers, hospital and academic staff, NUS, Singapore, November 5, 2019

38. Baba K:
(Moderator) Prosthodontic clinical decision making in super-aged society.
NUSFOD CPE Event: Lunch Time Lecture for dental officers, hospital and academic staff, NUS, Singapore, November 5, 2019

39. Baba K:
(Moderator) Impact of Digital Technology on Prosthodontic Treatment Workflow.47th Indian Prosthodontic Society National Conference, Raipur, India, November 30, 2019

40. 田中晋平:
(シンポジウム)デジタル補綴時代における審美歯科治療の戦略.
(日本審美歯科学会第30回学術大会, 東京, 2019年11月30日〜12月1日)

41. 馬場一美:
(講義)デジタル技術によって歯科補綴治療がどう変わってゆくのか?
(東北大学歯学部4年生講義, 仙台, 宮城県, 2019年12月16日)

42. 馬場一美 :
(講義)CAD/CAM、口腔内スキャナーを応用した補綴処置.
(岩手医科大学歯学部4年生講義, 盛岡, 岩手県, 2019年12月3日)

43. 馬場一美:
(ラジオ出演)「カムカムインフォメーション」(咀嚼にまつわる有識者のお話).
(文化放送ラジオ番組『ハート・リング健康Radio〜認知症と手をつなごう〜』令和2年2月2日, 9日, 16日, 23日, 3月1日 オンエア)

44. 樋口大輔,楠本友里子,武川佳世,馬場一美:
(論文)可撤性インプラント補綴装置で患者は本当に満足するのか?
(Quintessence Dental Imlpantology Vol.27, p55-64, 2020)

45. 樋口大輔:
(講演)Build Future Project インプラント治療入門 6日間実践コース
STEP4 画像診断・外科(GuidedSurgery)
(ノーベル・バイオケア・ジャパン本社, 品川, 東京都, 2020年2月19日)

受賞

1.    中里友香理:
課題口演賞受賞
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月10~12日)

2.    中井健人:
ポスター賞(デンツプライ賞)受賞
(日本補綴歯科学会 第128回学術大会, 北海道, 2019年5月10~12日)

3.    小原大宜:
優秀発表賞受賞
(日本歯科医学会 第35回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(令和元年度)」, 東京, 2019年8月28日)

4.    三好敬太:
第一回オーラルスキャナーコンペティション 3Shape TRIOS3部門 最優秀賞受賞
(日本デジタル歯科学会 第10回学術大会, 奈良, 2019年10月4日〜6日)

5.    岩内洋太郎:
2019年度オーラルスキャナーコンペティションTDS部門 最優秀賞受賞
(第10回日本デジタル歯科学会 第5回国際デジタル歯科学会, 奈良, 2019年10月4日~6日)

6. 小原大宜:
優秀発表賞受賞
(日本顎口腔機能学会第63回学術大会, 東京, 2019年10月26~27日)