昭和大学歯科補綴学講座

昭和大学歯科補綴学講座

STUDY

業績集

2013年度

原著

Matsumoto T, Yamada A, Aizawa R, Suzuki D, Tsukasaki M, Suzuki W, Nakayama M, Maki K, Yamamoto M, Baba K, Kamijo R:
BMP-2 induced expression of Alx3 that is a positive regulator of osteoblast differentiation. PLoS ONE, 5: e68774, 2013

Takaba M, Tanaka S, Ishiura Y, Baba K:
Implant-Supported Fixed Dental Prostheses with CAD/CAM-Fabricated Porcelain Crown and Zirconia-Based Framework.
J Prosthodont, 22: 402-7, 2013

Suganuma T, Itoh H, Ono Y, Baba K:
Effects of Stabilization Splint on Occlusal Force Distribution During Voluntary Submaximal Tooth Clenching: A Preliminary Sleep Simulation Study.

The Journal of Craniomandibular & Sleep Practice, 31: 100-8, 2013

Baba K:
Journal of Prosthodontic Research in great shape and continues to grow.
J Prosthodont Res, 57: 151–152, 2013

Takahashi N, Iwasa F, Inoue Y, Morisaki H, Ishihara K, Baba K:
Evaluation of the durability and antiadhesive action of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine grafting on an acrylic resin denture base material.
J Prosthet Dent. 2014 Jan 23. pii: S0022-3913(13)00351-X. doi:
10.1016/j.prosdent.2013.08.020. [Epub ahead of print]

Yoshizawa S, Suganuma T, Takaba M, Ono Y, Sakai T, Yoshizawa A, Kawana F, Kato T, Baba K:
Phasic jaw motor episodes in healthy subjects with or without clinical signs and symptoms of sleep bruxism: a pilot study.
Sleep Breath, 18:187-93, 2014

Yamano S, Haku K, Yamanaka T, Dai J, Takayama T, Shohara R, Tachi K, Ishioka M, Hanatani S, Karunagaran S, Wada K, Moursi AM:
The effect of a bioactive collagen membrane releasing PDGF or GDF-5 on bone regeneration.
Biomaterials, 35: 2446-53, 2014

Baba K:
Paradigm shifts in prosthodontics.
J Prosthodont Res, 58: 1-2, 2014

Fueki K, Ohkubo C, Yatabe M, Arakawa I, Arita M, Ino S, Kanamori T, Kawai Y,Kawara M, Komiyama O, Suzuki T, Nagata K, Hosoki M, Masumi S, Yamauchi M, Aita H,Ono T, Kondo H, Tamaki K, Matsuka Y, Tsukasaki H, Fujisawa M, Baba K, Koyano K,Yatani H:
Clinical application of removable partial dentures using thermoplastic resin-part I: definition and indication of non-metal clasp dentures.
J Prosthodont Res, 58: 3-10, 2014

John MT, Reißmann DR, Feuerstahler L, Waller N, Baba K, Larsson P, Čelebić A, Szabo G, Rener-Sitar K:
Factor analyses of the Oral Health Impact Profile – overview and studied population.
J Prosthodont Res, 58: 26-34, 2014

Funato M, Ono Y, Baba K, Kudo Y:
Evaluation of the non-functional tooth contact in patients with temporomandibular disorders by using newly developed electronic system.
J Oral Rehabil, 41:170-176,2014

総説

田中晋平,西山弘崇,馬場一美:
デジタル・デンティストリーを基盤とした義歯臨床の技術革新
東京都歯科医師会雑誌, 62: 59-66, 2013

船登雅彦,小野康寛,馬場一美:
TCH測定システム.
Dental Medicine Research, 33 : 209-213, 2013.

田中晋平,舘慶太,宮内知彦,上村江美,馬場一美:
デジタル・デンティストリーが補綴臨床を変える
Dental Medicine Research, 33 : 215-220, 2013.

松香芳三,萩原芳幸,玉置勝司,竹内久裕,藤澤政紀,小野高裕,築山能大,永尾寛,津賀一弘,曾田秀紀,近藤尚知,笛木賢治,塚崎弘明,石橋寛二,藤井重壽,平井敏博,佐々木啓一,矢谷博文,五十嵐順正,佐藤裕二,市川哲雄,松村英雄,山森徹雄,窪木拓男,馬場一美,古谷野潔:
補綴歯科治療病名システムの信頼性と妥当性の検討.
日本歯科補綴学会誌, 5: 281-290, 2013

窪木拓男,市川哲雄,馬場一美,秀島雅之,佐藤裕二,和気裕之,永尾寛,上田(小平)順加,大野(木村)彩,玉置勝司,津賀一弘,櫻井薫,佐藤博信,石橋寛二,矢谷博文,大山喬史,赤川安正,平井敏博、佐々木啓一,古谷野潔:
補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの信頼性の検討―(社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究―.
日本歯科補綴学会誌, 5: 224-239, 2013

馬場一美,福西美弥,田中晋平,森澤絵里:
連載 パーシャルデンチャーを基本とした欠損補綴の新しい戦略 第3回 パーシャルデンチャーの新たな展開 —インプラントとのコラボレーションからデジタル化まで—
the Quintessence, 32: 91-101, 2013.

馬場一美,各務信幸,酒井拓郎,葭澤秀一郎,片山慶祐,森澤絵里,西山弘崇,福西美弥:
睡眠時ブラキシズムの合理的診断と対応
平成25年度日歯生涯研修ライブラリー, No.1205

馬場一美,酒井拓郎:
睡眠時ブラキシズムの合理的診断と対応
日本歯科医師会雑誌, 66: 18-22, 2013

玉置 勝司, 石垣 尚一, 小川 匠, 尾口 仁志, 加藤 隆史, 菅沼 岳史, 島田 淳, 貞森 紳丞, 築山 能大, 西川 洋二, 鱒見 進一, 山口 泰彦, 會田 英紀, 小野 高裕, 近藤 尚知, 塚崎 弘明, 笛木 賢治, 藤澤 政紀, 松香 芳三, 馬場 一美, 古谷野 潔:
日本補綴歯科学会診療ガイドライン委員会 咬合違和感症候群
日本歯科補綴学会誌, 5: 369-386, 2013

笛木 賢治, 大久保 力廣, 谷田部 優, 荒川 一郎, 有田 正博, 井野 智, 金森 敏和, 河相 安彦, 川良 美佐雄, 小見山 道, 鈴木 哲也, 永田 和裕, 細木 真紀, 鱒見 進一, 山内 六男, 會田 英紀, 小野 高裕, 近藤 尚知, 玉置 勝司, 松香 芳三, 塚崎 弘明, 藤澤 政紀, 馬場 一美, 古谷野 潔:
日本補綴歯科学会診療ガイドライン委員会 熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯(ノンメタルクラスプデンチャー)の臨床応用
日本歯科補綴学会誌, 5: 387-408, 2013

馬場 一美, 塚崎 弘明, 笛木 賢治, 村田 比呂司, 尾澤 昌悟, 松香 芳三, 小野 高裕, 會田 英紀, 近藤 尚知, 玉置 勝司, 藤澤 政紀, 矢谷 博文, 古谷野 潔:
日本補綴歯科学会診療ガイドライン委員会 義歯管理に関する臨床的エビデンス
日本歯科医師会雑誌, 66: 764-774, 2013

宮﨑隆,新谷明一,馬場一美:
CAD/CAM・オールセラミックス時代だから知りたい 歯科理工学 第2回  セラミックスの力学的特性評価法を理解しよう
Quintessence of Dental Technology, 38: 544-552, 2013

宮﨑隆,新谷明一,馬場一美:
CAD/CAM・オールセラミックス時代だから知りたい 歯科理工学 第3回 CAD/CAMオールセラミックスに利用される各種セラミックスの構造を理解しよう
Quintessence of Dental Technology, 38: 866-879, 2013

宮﨑隆,新谷明一,馬場一美:
CAD/CAM・オールセラミックス時代だから知りたい 歯科理工学 第4回 CAD/CAMによるオールセラミック修復装置の適合性
Quintessence of Dental Technology, 38: 1208-1222, 2013

宮﨑隆,新谷明一,馬場一美:
CAD/CAM・オールセラミックス時代だから知りたい歯科理工学 第5回 審美修復に利用されるCAD/CAM用材料の将来を展望する.
Quintessence of Dental Technology, 38: 1854-1872, 2013

安田 登, 日景 盛, 馬場 一美:
なぜ遅れた?接着ブリッジの普及(後)
Quintessence of Dental Technology, 38: 1502-1516, 2013

馬場 一美, 西山 弘崇, 浦野 慎二郎:
超高齢社会における義歯のパラダイムシフト! パーシャルデンチャーを基本とした欠損補綴の新しい戦略 第1回 パーシャルデンチャーの社会的役割と、その設計で理解しておくべき3つの最重要項目
The Quintessence, 32: 1433-1446, 2013

馬場 一美, 葭澤 秀一郎, 酒井 拓郎:
超高齢社会における義歯のパラダイムシフト! パーシャルデンチャーを基本とした欠損補綴の新しい戦略 第2回 欠損歯列における力の考察 熱可塑性樹脂を用いたRPDの是非とパラファンクションへの対応
The Quintessence, 32: 1687-1698, 2013

馬場 一美, 福西 美弥, 田中 晋平, 森澤 絵里:
超高齢社会における義歯のパラダイムシフト! パーシャルデンチャーを基本とした欠損補綴の新しい戦略 第3回 パーシャルデンチャーの新たな展開 インプラントとのコラボレーションからデジタル化まで
The Quintessence, 32: 1923-1933, 2013

馬場一美,酒井拓郎:
睡眠時ブラキシズムの合理的診断と対応
日本歯科医師会雑誌, 66: 18-22, 2013

著書


古谷野潔,玉置勝司,馬場一美,矢谷博文,和嶋浩一(共著):
別冊Quintessence TMD Year Book 2013 アゴの痛みに対処する―AAOPの提案する新しいガイドラインと世界の動き
東京,2013,クインテッセンス出版株式会社

馬場一美,酒井拓郎(分担執筆):
世界の最新潮流を読む
別冊Quintessence TMD Year Book 2013 アゴの痛みに対処する―AAOPの提案する新しいガイドラインと世界の動き
東京,2013,クインテッセンス出版株式会社,p134-140

馬場一美、船登雅彦(分担執筆):
Ⅱ.顎関節症の診断,治療に必要な基本知識 2-3.顎口腔系の非機能的運動症・習癖
日本顎関節学会(編):
新編 顎関節症
東京, 2013, 永末書店, pp43-48

馬場一美、小野康寛(分担執筆):
Ⅳ.顎関節症の診断 3.顎関節症と鑑別を要する疾患あるいは障害3)筋骨格系の疾患
日本顎関節学会(編):
新編 顎関節症
東京, 2013, 永末書店, pp119-121

馬場一美,田中晋平(分担執筆):
ブラキシズム・レーザーエッチング・診断用ワックスアップ・ガラスセラミックス
口腔インプラント百科全書
東京,2013,医歯薬出版

学会報告

Urano S, Mabuchi A, Hotta Y, Nishiyama H, Hisamatsu S, Kobayashi M, Tanaka S, Miyazaki T, Baba K:
Development of Zirconia Removable Denture by CAD/CAM system -Clasp Design for Zirconia Removable Denture by CAD/CAM system-.
Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,P101,2013
(Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,Jeju,April,2013)

Kobayashi M, Fujishima A, Sato K, Tanaka S, Mabuchi A, Urano S, Nishiyama H, Hotta Y, Miyazaki T, Baba K:
Development of Zirconia Removable Denture by CAD/CAM system -Shear Bond Strength of an Acrylic Resin to Denture framework-.
Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,P102,2013
(Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,Jeju,April,2013)

Fukunishi M, Iwasa F, Morisaki H, Inoue Y, Ishihara K, Kuwata H, Baba K:
MPC polymer coating on Ti implant surface to inhibit bacterial plaque accumulation.
Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,P114,2013
(Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,Jeju,April,2013)

浦野慎二郎,馬淵あずさ,堀田康弘,西山弘崇,久松賢,小林茉莉,田中晋平,後藤大介,宮﨑隆,馬場一美:
CAD/CAMシステムによるジルコニアデンチャーのクラスプ形態の最適化.
日本歯科CAD/CAM学会誌3巻,p87,2013
(第4回日本CAD/CAM歯科学会学術大会,東京,2013年4月)

小林茉莉,藤島昭宏,佐藤康太郎,田中晋平,馬淵あずさ,浦野慎二郎,西山弘崇,久松賢,堀田康弘,宮﨑隆,馬場一美:
CADCAMにより製作されたセリア安定型ジルコニア義歯の開発―床用レジンとの接着性を向上させる表面処理の確立―
日本歯科CAD/CAM学会誌3巻,p106,2013
(第4回日本CAD/CAM歯科学会学術大会,東京,2013年4月)

佐藤康太郎,堀田康弘,藤島昭宏,小林茉莉,田中晋平,馬場一美,宮﨑隆:
CAD/CAMを用いたナノジルコニアブリッジの製作法―2ケイ酸リチウムガラスセラミックスとのせん断接着強さ―
日本歯科CAD/CAM学会誌3巻,p105,2013
(第4回日本CAD/CAM歯科学会学術大会,東京,2013年4月)

酒井拓郎, 葭澤秀一郎, 吉澤亜矢子, 吉田裕哉,高場雅之, 川名ふさ江, 小野康寛, 菅沼岳史, 加藤隆史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムの筋活動と臨床徴候の関連 -PSG study-
日本顎口腔機能学会 第50回記念学術大会プログラム・抄録集,p26-27
(日本顎口腔機能学会 第50回記念学術大会 東京,2013年4月)

森澤絵里,高見正道,須澤徹夫,馬場一美,大隅典子,上條竜太郎:
神経堤由来の毛包細胞を用いた骨芽細胞分化誘導
第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会プログラム,p52,2013
(第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会,宇都宮,2013年5月)

森澤絵里,高見正道,須澤徹夫,馬場一美,上條竜太郎:
毛包の神経堤由来細胞は骨芽細胞への分化能を有し、RANKLの発現を介して破骨細胞分化を支持する
第31回 日本骨代謝学会学術集会 プログラム抄録集, p90, 2013
(第31回 日本骨代謝学会学術集会,神戸,2013年5月)

松本光史, 高見正道, 舘慶太, 馬場一美, 上條竜太郎:
TGF-β1と菌体がBMP-2の異所性骨形成誘導作用に及ぼす影響
第67回日本口腔科学会学術大会プログラム, 2013
(第67回NPO法人日本口腔科学会学術大会, 宇都宮, 2013年 5月)

馬場一美:
(シンポジウム)個別化医療で補綴歯科治療は変わるか:EBM から個別化医療へ「補綴歯科領域における個別化医療―睡眠時ブラキシズムの遺伝子多型研究」
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p78,2013
(第122回日本補綴歯科学会学術大会, 福岡,2013年5月)

笛木賢治,五十嵐順正,吉田英子,前田芳信,池邉一典,馬場一美,塚崎弘明,古谷野 潔,荻野洋一郎,佐々木啓一,小山重人,赤川安正,是竹克紀,窪木拓男,荒川 光,春日井昇平,近藤尚知,黒田真司:
短縮歯列への補綴介入に関する多施設共同研究 —口腔関連QoL への治療効果—.
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p173,2013
(第122回日本補綴歯科学会学術大会,福岡,2013年5月)

浦野慎二郎,馬淵あずさ,堀田康弘,西山弘崇,久松賢,小林茉莉,田中晋平,宮﨑隆,馬場一美:
CAD/CAMシステムによるジルコニアデンチャーのクラスプ形態の最適化.
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p124,2013
(日本補綴歯科学会第122回学術大会,福岡,2013年5月)

星野真理江,宮本洋一,上條竜太郎,馬場一美:
軟骨細胞の増殖・分化における8-ニトロ-環状GMPの役割
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p287,2013
(日本補綴歯科学会第122回学術大会,福岡,2013年5月)

松本光史, 高見正道, 舘 慶太, 上條竜太郎, 馬場一美:
菌体成分がBMP-2とTGF-β1が誘導する異所性骨形成に与える影響とそのメカニズム
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p45,2013
(日本補綴歯科学会第122回学術大会,福岡,2013年5月)

森澤絵里,高見正道,須澤徹夫,上條竜太郎, 馬場一美:
毛包に存在する神経堤由来細胞を用いた骨芽細胞の分化誘導
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p270,2013
(日本補綴歯科学会第122回学術大会,福岡,2013年5月)

酒井拓郎, 葭澤秀一郎, 吉澤亜矢子, 吉田裕哉,高場雅之, 川名ふさ江, 小野康寛, 菅沼岳史, 加藤隆史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムの筋活動と臨床徴候の関連 -PSG study-
第122回日本補綴歯科学会学術大会抄録集,p264,2013
(日本補綴歯科学会第122回学術大会,福岡,2013年5月)

Morisawa E, Takami M, Suzawa T, Baba K, Kamijo R:
Hair follicle cells derived from neural crest differentiate into oseteoblasts and support osteoclast differentiation.
Supplement to IBMS BoneKEy (IBMS-JSBMR 2013 Meeting abstracts), 10, p79 2013
(2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research, Kobe, Japan, May 2013)

Matsumoto A, Takami M, Tachi K, Baba K, Kamijo R:
Effects of TGF-β1 and LPS on BMP-2-induced ectopic bone formation.
Supplement to IBMS BoneKEy (IBMS-JSBMR 2013 Meeting abstracts), 10, p98 2013
(2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research, Kobe, Japan, May 2013)

船登雅彦,関根陽平,阿部有吾,小野康寛,馬場一美:
医療系大学生におけるスポーツ歯科医学に関する意識調査.
第24回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集:p62, 2013
(第24回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会,東京,2013年6月)

関根陽平,船登雅彦,阿部有吾,小野康寛,馬場一美:
スポーツ歯科およびスポーツマウスガードに関する学生アスリートの意識調査.
第24回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集:p97, 2013
(第24回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会,東京,2013年6月)

酒井拓郎, 葭澤秀一郎, 吉澤亜矢子, 吉田裕哉,高場雅之, 川名ふさ江, 小野康寛, 菅沼岳史, 加藤隆史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムの筋活動と臨床徴候の関連 -PSG study-
日本睡眠学会 第 38 回学術大会プログラム・抄録集, p217, 2012
(日本睡眠学会 第 38 回学術大会 秋田,2013年6月)

Takaba M, Spintzyk S Schille C, Wedenig G, Zahrani T AL, Baba K, J. Geis-Gerstorfer:
Influence of cooling conditions on shear bond strengths between cast titanium and zirconia veneered with dental porcelain.
(62. Deutsche Gesellschaft für Prothetische Zahnmedizin und Biomaterialien e.V. Hannover Germany. June 2013)

石浦雄一,山口菊江,馬場一美,尾関雅彦:
1歯欠損に対するインプラント複数本埋入とワイド幅径インプラント埋入の生体力学的検討.
Dental Medicine Research33:287-288,2013
(第33回昭和歯学会総会,東京,2013年7月)

Urano S, Mabuchi A, Hotta Y, Nishiyama H, Hisamatsu S, Kobayashi M, Tanaka S, Goto D, Miyazaki T, Baba K:
Optimization of Clasp Form for Zirconia Removable Denture.
Dental Medicine Research33:291,2013
(第33回昭和歯学会総会,東京,2013年7月)

松本光史, 高見正道, 舘 慶太, 上條竜太郎, 馬場一美:
菌体成分がBMP-2の骨形成誘導活性に及ぼす影響とそのメカニズム
Dental Medicine Research33:291,2013
(第33回昭和歯学会総会,東京,2013年7月)

酒井拓郎, 葭澤秀一郎, 吉澤亜矢子, 吉田裕哉,高場雅之, 川名ふさ江, 小野康寛, 菅沼岳史, 加藤隆史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムの筋活動と臨床徴候の比較検討‐診断アルゴリズムの作成にむけて‐
Dental Medicine Research33:291,2013
(第33回昭和歯学会総会,東京,2013年7月)

伊佐津 克彦, 長谷川 篤司, 北川 昇, 浅里 仁, 菅沼 岳史, 倉林 仁美, 谷 千尋, マイヤース 三恵, 塚崎 弘明, 山本 松男, 井上 美津子, 宮崎 隆:
iOSCAによるコンピテンシー到達度の評価
日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集p129,2013
(第32回日本歯科医学教育学会総会,北海道,2013年7月)

小野康寛,菅沼岳史,螺澤庸博,鈴木泰山,八木豊,中村陽介,三上浩司,馬谷原光織,片岡竜太,長谷川篤司,山本松男,井上美津子,宮崎隆,馬場一美:
バーチャルペーシェントシステムの教育効果
日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集p86,2013
(第32回日本歯科医学教育学会総会,北海道,2013年7月)

小野康寛,船登雅彦,馬場一美:
TCH測定システムを使用したTCH是正治療の有効性の検討
第26回日本顎関節学会総会・学術大会抄録集,p32,2013
(第26回日本顎関節学会総会・学術大会,東京,2013年7月)

渡邊友希,片岡竜太,馬谷原光織,滝戸えみ,吉澤亜矢子,阿部有吾,船登雅彦:
顎関節症治療科臨床実習開始期にe-learningを活用した自己学習を導入した取り組み.
第26回日本顎関節学会総会・学術大会抄録集,p102,2013
(第26回日本顎関節学会総会・学術大会,東京,2013年7月)

滝戸えみ,渡邊友希,馬谷原光織,吉澤亜矢子,阿部有吾,片岡竜太,馬場一美,船登雅彦:
e-learningを活用した顎関節症教育.
第26回日本顎関節学会総会・学術大会抄録集,p105,2013
(第26回日本顎関節学会総会・学術大会,東京,2013年7月)

馬場一美:
(生涯学習公開セミナー)部分床義歯の設計から予後まで
(平成25年度社団法人日本補綴歯科学会 東北・北海道支部会, 北海道,2013年7月)

酒井拓郎, 葭澤秀一郎, 吉澤亜矢子, 吉田裕哉,高場雅之, 川名ふさ江, 小野康寛, 菅沼岳史, 加藤隆史, 馬場一美:
睡眠時ブラキシズムの臨床兆候に関する検討-チェアサイドでの診断アルゴリズム作成に向けて
第5回ISMSJ学術集会プログラム,No.S1-C5
(第5回ISMSJ学術集会,兵庫,2013年8月)

片山慶祐,望月文子, 加藤隆史, 池田美菜子,野川泰葉, 中村史朗, 中山希世美, 矢澤 格, 馬場一美, 井上富雄:
マウス咬筋活動に対する睡眠-覚醒の影響
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会プログラム抄録集,p131,2013
(第55回歯科基礎医学会学術大会・総会、岡山、2013年9月)

鈴木 航、山田 篤、相澤 怜、鈴木 大、中山 睦子、山本 松男、槇 宏太郎、馬場 一美、上條 竜太郎:
Cdc42は軟骨形成に必須の遺伝子である
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会プログラム抄録集,p159,2013
(第55回歯科基礎医学会学術大会・総会、岡山、2013年9月)

樋口大輔,代田達夫,原 真央子,尾関雅彦,馬場一美:
インプラント上部構造におけるサイドスクリューの有用性-エナメル上皮腫術後,下顎顎堤再建を骨延長術にて行った患者への対応-
日本口腔インプラント学会誌26: 227, 2013
(第43回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会,福岡,2014年9月)

星野真理江,宮本洋一,馬場一美,上條竜太郎:
一酸化窒素は8-ニトロ-サイクリックGMPの生成を介して成長板軟骨の伸長を促進する
第47回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会プログラム・抄録集,p10,2013
(第47回NPO法人日本口腔科学会関東地方部会,東京,2013年9月)

Oshima Y, Iwasa F, Tanaka S, Tachi K, Miyauchi T, Baba K:
Enhanced osteoblast function on hydrofluoric-acid treated Ce-TZP/Al2O3 nanocomposite
15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontisits Conference Program P.122, 2013
(15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontisits , Turin Italy September,2013)

Sakai T, Yoshizawa S, Yoshizawa A, Yoshida Y, Takaba M, Ono Y, Suganuma T, Kawana F, Kato T, Baba K:
Association between clinical features and sleep bruxism assessed by polysomnography
15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, p233, 2013
(15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,Turin,Italy, September 2013)

Ono Y, Funato M, Baba K:
Effect of newly developed cognitive and behavioral therapy for tooth contacting habit (TCH)
15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, p232, 2013
(15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,Turin,Italy, September 2013)

Ishiura Y, Yamaguchi K, Baba K, Ozeki M:
Biomechanical investigation into effect of length of implants on bone stress under simulated loading condition.
15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, p110, 2013
(15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,Turin,Italy, September 2013)

Yamaguchi K, Ishiura Y, Baba K, Ozeki M:
Use of the Housnfield Units for 3-Dimensional Finite Element Analysis of Immediately Loaded Implants Treatment Planning.
15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, p140, 2013
(15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,Turin,Italy, September 2013)

小野康寛,船登雅彦,馬場一美:
顎関節症患者に対するTCH 是正法として新しい認知行動療法の有効性の検討
日本補綴歯科学会東京支部会・第17回学術大会抄録集,p23,2013
(日本補綴歯科学会東京支部会・第17回学術大会,東京,2013年10月)

片山慶祐,望月文子, 加藤隆史, 池田美菜子,野川泰葉, 中村史朗, 中山希世美, 矢澤 格, 馬場一美, 井上富雄:
マウスの咬筋および頸筋活動に対する 睡眠—覚醒パターンの影響
第51回日本顎口腔機能学会雑誌,2; 154, 2013
(第51回日本顎口腔機能学会学術大会 新潟 2013年10月)

Ishiura Y, Yamaguchi K, Baba K, Ozeki M:
Biomechanical investigation into effect of using multiple implants or a wide diameter implant for a single missing tooth of a bruxism patient.
CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH, 24(Suppl. 9):63, 2013
(European Association For Osseointegration, XXnd Annual Scientific Meeting, Dublin, October 2013)

吉村 健太郎,宮本 洋一,星野 真理江,宮本 尚,斎藤 章大,船登 咲映,泉田 恵理,槇 宏太郎,山本 松男,馬場 一美,上條 竜太郎:
Monocarboxylate transporter-1 は骨芽細胞におけるアルカリホスファターゼの発現に必要である
日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会・総会プログラム抄録集,p86,2013
(日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会・総会,東京,2013年11月)

森澤絵里,高見正道,須澤徹夫,馬場一美,大隅典子,上條竜太郎:
毛包に存在する神経堤由来細胞を用いた骨芽細胞分化誘導
日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会・総会 プログラム・抄録集,p54,2013
(日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会,東京,2013年11月)

Ono Y, Suganuma T, Kaizawa N, Baba K:
Educational effect of virtual patient system
The 2nd Trilateral Dental Symposium, p7, 2013
(The 2nd Trilateral Dental Symposium, Tokyo, November 2013)

Katayama K, Mochizuki A, Kato T, Ikeda M, Nakayama K,Nakamura S,Yazawa
I,Baba K, and Inoue T:
Masseter muscle activity during awake state, non-REM sleep and REM sleep in
mice
Society For Neuroscience 2013 Program P80, 2013
(Society For Neuroscience 2013 San Diego, November 2013)

片山慶祐 望月文子, 加藤隆史, 池田美菜子,野川泰葉, 中村史朗, 中山希世美, 矢澤 格, 馬場一美, 井上富雄:
マウス咬筋活動に対する睡眠-覚醒の影響
Dental Medicine Research34:49,2014
(第33回昭和歯学会例会,東京,2013年12月)

安齋顕吾,石浦雄一,山口葉子,山口菊江,樋口大輔,代田達夫,馬場一美,新谷悟,佐藤裕二,山本松男,佐野司,尾関雅彦:
2012年度昭和大学インプラントセンターにおける臨床統計.
Dental Medicine Research34:60-61,2014
(第33回昭和歯学会例会,東京,2013年12月)

石浦雄一、田中晋平、山口菊江、馬場一美、尾関雅彦:
光学印象を応用したインプラント上部構造の製作.
日本口腔インプラント学会 第33回関東・甲信越支部学術大会 プログラム・抄録集,p84,2014
(日本口腔インプラント学会 第33回関東甲信越支部学術大会,東京,2014年2月)

Oshima Y, Iwasa F, Tanaka S, Matsumoto T, Akiyama T, Baba K:
Effect of hydrofluoride-treated nanofeatured topography on Ce-TPZ/Al2O3 nanocomposite
The 29th Annual Meeting of the Academy of Osseointegration Program guide P.83, 2014
(The 29th Annual Meeting of the Academy of Osseointegration , Seattle, WA March, 2014 )

その他

馬場一美:
健康ノート 歯ぎしり
月刊Pumpkin
東京,2013,潮出版社

馬場一美:
りぶるデンタルクリニック第14回 TCHって知っていますか?
りぶる, 380: 50-51, 2013
東京,2013,自由企画社

馬場一美:
全国講座TODAY 昭和大学歯学部歯科補綴学講座
東京医科歯科大学歯学部同窓会会報, 186: 34-37, 2013

田中晋平:
(講演)口腔内スキャナーが変える歯科臨床 LAVA C.O.S.が変革させる補綴臨床のワークフロー.
日本歯科CAD/CAM学会誌 3: 101, 2013
(第4回日本歯科CAD/CAM学会学術大会,東京,2013年4月)

馬場一美:
(講演)睡眠時ブラキシズム・アップデート-エビデンスに基づいく合理的診断と対応-
(明海大学第354回研修会, 埼玉,2013年5月)

馬場一美:
(講演)見えざる力、ブラキシズムと向き合う-見えてきた病態とその対応-
(大阪大学歯学部同窓会第85回学術講演会, 大阪,2013年6月)

馬場一美:
(講演)睡眠時ブラキシズム最前線—エビデンスに基づく合理的対応
(公益社団法人東京都荏原歯科医師会 平成25年度第1回学術講演会, 東京,2013年6月)

馬場一美:
(講演)意外と恐い歯ぎしり
(昭和大学白菊の集い, 東京,2013年6月)

馬場一美:
(講演)ブラキシズムのためのスプリントデザイン
(東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.E. 第50期PARTⅡ, 東京,2013年6月)

馬場一美:
(講演)ブラキシズム:エビデンスに基づく合理的診断と対応
(平成25年度 仙台歯科医師会 第2回学術講演会, 仙台, 2013年8月)

鈴木航:
Cdc42の軟骨形成における機能解析
先端歯学スクール2013、東京、2013年9月

馬場一美:
真相チェイス!直撃御免『歯ぎしり』
「情報プレゼンター とくダネ!」
(フジテレビ,2014年2月5日)

馬場一美:
OSAへの歯科的対応-各種オーラルアプライアンスの作用機序
(第7回 昭和大学Sleep Grand Round, 東京, 2014年2月)

馬場一美:
ブラキシズムと咬合とTCH(Tooth Contacting Habit)
(第6回 国際先進学際歯科学会アジア部会, 北海道, 2014年3月)

松本光史, 高見正道, 舘慶太, 上條竜太郎, 馬場一美:
骨形成誘導因子BMP-2の臨床応用を目指した基礎的研究
第3回補綴若手研究会抄録集, p20, 2014
(第3回補綴若手研究会, 長崎, 2014年3月)

酒井拓郎,加藤隆史,葭澤秀一郎,菅沼岳史,高場雅之,小野康寛,吉澤亜矢子,吉田裕哉,石井正和,栗原竜也,川名ふさ江,木内祐二,馬場一美
クロナゼパム,クロニジンを用いた日本人成人の睡眠時ブラキシズムに対する薬剤効果について‐二重盲検ランダム化比較試験‐
第3回補綴若手研究会抄録集, p11, 2014
(第3回補綴若手研究会, 長崎, 2014年3月)

福西美弥,岩佐文則,森崎弘史,井上祐貴,石原一彦,桑田啓貴,馬場一美:
MPCポリマーによるインプラントのバイオフィルム形成抑制
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム プログラム抄録集 P.50
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年 3月)

大嶋瑶子, 岩佐文則, 田中晋平, 松本貴志, 秋山智人, 馬場一美:
セリア安定化ジルコニア複合体の歯科インプラントへの応用
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム プログラム抄録集 P.50
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年 3月)

古山千紗子,原真央子,Bikash Pattanaik,小柳綾子,高場雅之,田中晋平,樋口大輔,塚崎弘明,馬場一美:
部分的歯の欠損へのインプラント治療希望患者の口腔関連QoL
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム プログラム抄録集 P.50
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年 3月)

片山慶祐 望月文子, 加藤隆史, 池田美菜子,野川泰葉, 中村史朗, 中山希世美, 矢澤 格, 馬場一美, 井上富雄:
マウス咬筋活動に対する睡眠-覚醒の影響
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム プログラム抄録集 P.50
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年 3月)

このページを印刷

2013年度業績集