昭和大学歯科補綴学講座

昭和大学歯科補綴学講座

STUDY

業績集

2010年度

原著

Inukai M, John MT, Igarashi Y, Baba K:
Association between perceived chewing ability and oral health-related quality of life in partially dentate patients.
Health and Quality of Life Outcomes8:118, 2010

Ikeda M, Ohtsuka H, Iwasaki Y, Ikeda M, Baba K, Nakamura M:
Immunohistochemical comparison of ontogenic development of bone marrow hematopoiesis in two different ossification system.
Dental Medicine Research 30:228-236, 2010.

Tachi K, Takami M, Zhao B, Mochizuki A, Yamada A, Miyamoto Y, Inoue T, Baba K, Kamijo R:
Bone morphogenetic protein 2 enhances osteoclast differentiation via increased levels of receptor activator of NF-κB ligand expression in osteoblast.
Cell and Tissue Research. 342:213-20, 2010

渡邊友希,片岡竜太,阿部有吾,中川 潔,馬谷原光織,船登雅彦,古屋良一:
患者教育と簡易スプリントが顎関節症患者における日中クレンチングの意識化に及ぼす効果.
日顎誌,22:102-107, 2010

Shibata Y, Suzuki D, Omori. S, Tanaka R, Murakami A, Kataoka Y, Baba K, Kamijo R, Miyazaki T:
The characteristics of in vitro biological activity of titanium surfaces anodically oxidized in chloride solutions.
Biomaterials 31: e8546-8555, 2010

Takeuchi S, Matsunaga T, Yamamoto G, Baba K, Tachikawa T:
Temporal expression pattern of adhesion genes in human oral mucosal keratinoytes on type IV collagen-coated titanium.
Journal Of Biomedical Materials Research A, 95A:ISSUE1,2010

Tachi K, Takami M, Sato H, Mochizuki A, Zhao B, Miyamoto Y, Tsukasaki H, Inoue T, Shintani S, Koike T, Honda Y, Suzuki O, Baba K, and Kamijo R:
Enhancement of bone morphogenetic protein-induced ectopic bone formation by transforming growth factor β.
Tissue Engineering Part A. 17:597-606, 2011

Miyauchi T, Yamada M, Yamamoto A, Iwasa F, Suzawa T, Kamijo R, Baba K, Ogawa T:
The enhanced characteristics of osteoblast adhesion to photofunctionalized nanoscale TiO2 layers on biomaterials surfaces.
Biomaterials, 31:3827-39,2010.

Yamada M, Miyauchi T, Yamamoto A, Iwasa F, Takeuchi M, Anpo M, Sakurai K, Baba K, Ogawa T:
Enhancement of adhesion strength and cellular stiffness of osteoblasts on mirror-polished titanium surface by UV-photofunctionalization.
Acta Biomater, 6:4578-88,2010.

Wang X, Suzawa T, Ohtsuka H, Zhao B, Miyamoto Y, Miyauchi T, Nishimura R, Inoue T, Nakamura M, Baba K, Kamijo R:
Carbonic anhydrase II regulates differentiation of ameloblasts via intracellular pH-dependent JNK signaling pathway.
J Cell Physiol, 225:709-19,2010.

症例報告


樋口大輔(単著):
下顎遊離端欠損にインプラント治療を行った1症例.
日本口腔インプラント学会誌,23:377-378, 2010

著書


Kazuyoshi Baba,Yasuhiro Ono,Glenn T Clark(共著):
Chapter 13.Instrumental Approach. Current Concepts On Temporomandibular Disorders.
Quintessence Publishing , 2010

馬場一美(分担執筆):
スタンダード部分床義歯補綴学(第2版 藍稔・五十嵐順正編)2.歯の欠損に由来する顎口腔系の変化.
東京,2010,学建書院,pp19-27.

馬場一美(分担執筆):
ナノジルコニアが変える審美修復,Part5. 下顎臼歯部・ブリッジ.三浦宏之ほか(編):ナノジルコニアを活かしたオールセラミック修復.
東京,2010,医歯薬出版,pp122-125.

田中晋平(分担執筆):
ナノジルコニアが変える審美修復,Part5. 上顎前歯部・単冠.三浦宏之ほか(編):ナノジルコニアを活かしたオールセラミック修復.
東京,2010,医歯薬出版,巻頭グラビア・pp82-85.

田中晋平,高場雅之,馬場一美:
ナノジルコニアによるメタルフリー修復 —フレームワークデザインのサポート形状—.
歯界展望 Vol.117 No.1:128-132, 2010

樋口大輔,田中晋平,後藤大介,馬場一美(分担執筆):
第5章12.インプラント症例(2)
歯科技工別冊 設計 操作 臨床 ジルコニアレストレーション
東京,2010,医歯薬出版,pp168-170

馬場一美,田中晋平,高場雅之(分担執筆):
第1章4節睡眠時ブラキシズム(歯ぎしり)の改善を希望する患者への対応は?
高戸毅監修,青木茂樹ほか(編)
医師・歯科医師のための口腔診療必携.
東京2010,金原出版,pp66

芝 燁彦,金石あずさ:
電解酸性機能水って何だろう-歯科における臨床応用と生成機器について-.
日本歯科理工学会誌,30:5-8,2011

馬場一美, 馬淵あずさ:
睡眠時ブラキシズムと補綴臨床,
日本歯科医師会雑誌,63: 1248-1259, 2011.

船登雅彦,佐久間重光,成田紀之(分担執筆):
第Ⅷ章 経過観察と指導.
鱒見進一,皆木省吾(編):
写真でマスターする顎関節症治療のためのスプリントのつくり方・つかい方.
東京,2011,(株)ヒョーロン,pp75‐86

馬場一美,加藤隆史:
完全理解!睡眠時ブラキシズム 科学的根拠に基づき,補綴臨床において何をすべきか? 補綴臨床編 睡眠時ブラキシズムから補綴装置を守る.
The Quintessence 30: 306-326, 2011.

加藤隆史, 馬場一美:
完全理解!睡眠時ブラキシズム 科学的根拠に基づき,補綴臨床において何をすべきか? 検査・診断編 睡眠時ブラキシズムを診る その実態を正確につかむ.
The Quintessence 30: 288-305, 2011.

訳書

古屋良一:
29章 咬合の安定のための要件.
監訳 小出 馨:
Dowson Functional Occlusion.
東京,医歯薬出版,2010, pp309-312

古屋良一:
30章 ,規格化された治療計画の立案に基づく咬合問題の解決法.
監訳 小出 馨:
Dowson Functional Occlusion.
東京,医歯薬出版,2010,pp313-326

馬場一美,菅沼岳史(分担執筆):
第17章 睡眠時ブラキシズム(SB)の管理.
Lavigne G J, Cistulli P A, Smith M T. (Eds.):
Sleep Medicine for Dentists. 歯科医師のための睡眠医学 その実践的概要.
監訳 古谷野 潔:
東京,クインテッセンス出版,2010,pp133-141

学会報告

舘 慶太:
TGF-β1は異所性骨形成を強力に促進する.
(第9回松本ボーンフォーラム, 長野, 2010年5月)

Furuya A, Furukawa M, Manabe A, Hisamitsu H, Baba K:
Splint Denture-Treatment For Early Functional And Cosmetic Recoverry.
11th Biennial Meeting Asian Academy Of Aesthetic Dentistry Program topic 8, 2010
(11th Biennial Meeting Asian Academy Of Aesthetic Dentistry, Malaysian, May 2010)

舘 慶太, 高見正道, 佐藤 華, 本田義知, 新谷 悟, 鈴木 治, 馬場一美, 上條竜太郎:
TGF-β1はBMP-2による骨形成を強力に促進する.
(第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会, 北九州, 2010年6月)

船登雅彦,阿部有吾,古屋 良一,菅沼岳史,馬場一美:
顎関節症発症にかかわる上下歯列接触癖測定システムの開発

第119回日本補綴歯科学会学術大会プログラム抄録集,p183,2010
(第119回日本補綴歯科学会学術大会,東京,2010年6月)

舘 慶太, 高見正道, 本田義知, 望月文子, 井上富雄, 鈴木 治, 上條竜太郎, 馬場一美:
(課題口演発表)TGF-β1はBMPの骨誘導活性を強力に促進する.
第119回日本補綴歯科学会学術大会プログラム抄録集,p64,2010
(第119回日本補綴歯科学会学術大会, 東京, 2010年6月)

山藤千紗子, 高場雅之,塚崎弘明,飯田美智子,佐藤卓,安東義政,犬飼美香,五十嵐順正,馬場一美:
補綴歯科治療と口腔関連QoL —固定性インプラント義歯と可撤性部分床義歯の比較—.
第119回日本補綴歯科学会学術大会プログラム抄録集,p111,2010
(第119回日本補綴歯科学会学術大会,東京,2010年6月)

宮内知彦,山田将博,山本玲子,須澤徹夫,上條竜太郎,小川隆広,馬場一美:
ナノコートチタン表面の光機能化は単一骨芽細胞の接着力を増強する.
第119回日本補綴歯科学会学術大会プログラム抄録集,p84,2010
(第119回日本補綴歯科学会学術大会,東京,2010年6月)

安部友佳,菅沼岳史,葭澤秀一郎,安藤幸子,渡辺尚美,石井正和,山本剛,郡司知彦,立川哲彦,木内祐二,五十嵐順正,馬場一美:
(課題口演発表)睡眠時ブラキシズム寄与因子の検討—セロトニン関連遺伝子多型を含めた多変量解析—.
第119回日本補綴歯科学会学術大会プログラム抄録集,p68,2010
(第119回日本補綴歯科学会学術大会,東京,2010年6月)

松本貴志, 山田 篤, 鈴木 大, 高見正道, 須澤徹夫, 宮本洋一, 馬場一美, 上條竜太郎:
Alx3による骨芽細胞分化制御機構の解明.
第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会抄録集,p108,2010
(第75回日本インターフェロン・サイトカイン学術集会,北九州,2010年6月)

宮内知彦,須澤徹夫,小野美樹,山田篤,高見正道,宮本洋一,槇宏太郎,馬場一美,上條竜太郎:
毛包神経提細胞の分離とその細胞からの象牙芽細胞への分化誘導.(日本骨代謝学会優秀演題賞受賞)
第28回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,p193,2010
(第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,2010年7月)

菅沼岳史,若林克敏,小野康寛,馬谷原光織,片岡竜太,宮崎隆,鈴木泰山,八木豊,徳永健伸,クラーク グレン,馬場一美:
基礎的臨床能力を向上させるための新しい教育資源の開発‐Virtual Patient System‐.
日本歯科医学教育学会 第29回総会学術大会プログラム抄録集, p78, 2010
(第29回日本歯科医学教育学会 総会学術大会,岩手,2010年7月)

Furuyama C, Takaba M, Tanaka S, Inoue M, Tsukasaki H, Sugawa Y, Suzuki M, and Baba K:
Oral Health Related Quality of Life in Patients with Implant and Removable Partial Dentures.
Dental Medicine Research 30, pp270-279,2010
(第30回昭和歯学会総会,東京,2010年7月)

Takashi Matsumoto, Atsushi Yamada, Dai Suzuki, Masamichi Takami, Tetsuo Suzawa, Yoichi Miyamoto, Kazuyoshi Baba, Ryutaro Kamijo:
Alx3, a homeobox gene, regulates osteoblast differentiation by BMP-2.
Dental Medicine Research 30, p270-279,2010
(第30回昭和歯学会総会,東京,2010年7月)

松本貴志, 山田 篤, 鈴木 大, 高見正道, 須澤徹夫, 宮本洋一, 馬場一美, 上條竜太郎:
ホメオボックス遺伝子Alx3はBMP-2による骨芽細胞分化を制御する
第28回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集: p228
(第28回日本骨代謝学会学術集会,東京,2010年7月)

渡邊友希,片岡竜太,阿部有吾,中川 潔,馬谷原 光織,船登雅彦,古屋良一:
日中クレンチングを意識化するための患者教育と単純スプリントの装着が行動変容に及ぼす効果.
第23回日本顎関節学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p114,2010
(第23回日本顎関節学会総会・学術大会,東京,2010年7月)

船登雅彦,阿部有吾,渡邊友希,片岡竜太,蛭間有紀子,古屋良一,馬場一美:
上下歯列接触癖(TCH)測定システムを用いた顎関節症患者におけるTCHの客観的評価.
第23回日本顎関節学会総会・学術大会プログラム・抄録集,p126,2010
(第23回日本顎関節学会総会・学術大会,東京,2010年7月)

Funato M, Abe Y,Furuya R, Baba K, Suganuma T:
Frequency of Tooth Contacting Habit in Patients with Temporomandibular Disorders.
88th General Session & Exhibition of the IADR Program, p165, 2010
(88the General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, July 2010)

Iwasa f, Ueno T, Minamikawa H, R.Kodali Kanuru, Ogawa T:
Micro-nano hybrid surface is resistant to biological aging of titanium
88th General Session & Exhibition of the IADR Program, p78, 2010
(88the General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, July 2010)

Sando C, Takaba M, Tsukasaki H, Iida M, Sato S, Ando Y, Inukai M, Igarashi Y, and Baba K:
OHRQoL in Patients with Implant and Removable Partial Dentures.
88th General Session & Exhibition of the IADR Program, p225, 2010
(88the General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, July 2010)

高場雅之:
『上顎遊離端欠損にインプラント治療を行った1症例』.
(第40回日本インプラント学会学術大会,札幌,2010年9月)

古山千紗子,高場雅之,田中晋平,佐藤卓,安東義政,馬場一美:
インプラントによる補綴歯科治療後の口腔関連QoL.
第40回日本口腔インプラント学会誌,23(特別号), p318,2010
(第40回日本インプラント学会学術大会,札幌,2010年9月)

樋口大輔,石浦雄一,尾関雅彦,伊東令華,馬場一美:
同一のDICOMデーターから構築するインプラントシミュレーションモデルと3次元FEMモデル(均質および不均質な物性値による違いが応力分布に及ぼす影響について).
第40回日本口腔インプラント学会誌,23(特別号), p246,2010
(第40回日本インプラント学会学術大会,札幌,2010年9月)

Takashi Matsumoto, Atsushi Yamada, Dai Suzuki, Masamichi Takami, Tetsuo Suzawa, Yoichi Miyamoto, Kazuyoshi Baba, Ryutaro Kamijo:
Alx3, a paired-type homeodomein containing transcription factor, regulates osteoblast differentiation induced by BMP-2.
American Society for Bone and Mineral Research, Onsite Program, p148
(The American Society for Bone and Mineral Research,トロント,2010年10月)

Maruyama T, Miyamoto Y, Yamada A, Yamamoto G, Yoshimura K, Akiyama T, Suzawa T, Takami M, Tachikawa T, Baba K, Kamijo R:
Carbonic anhydrase IX suppresses hypertrophic differentiation of chondrocytes.
American Society for Bone and Mineral Research, Onsite Program, p136
(The American Society for Bone and Mineral Research,トロント,2010年10月)

小野康寛,船登雅彦,阿部有吾,古屋良一,馬場一美:
顎関節症患者の上下歯列接触癖(TCH)に関する検討-ストレス,不安,抑うつおよび性格傾向との関連性-.
日本補綴歯科学会東京支部会・第14回学術大会プログラム抄録集, p21, 2010
(第14回日本補綴歯科学会東京支部会学術大会,東京,2010年10月)

宮内知彦,須澤徹夫,小野美樹,山田篤,高見正道,宮本洋一,小笠原歩,,林竜平,西田幸二,槇宏太郎,大隅典子,馬場一美,上條竜太郎:
毛包から純化した神経堤細胞による象牙芽細胞への分化誘導.
口腔組織培養学会誌,20: p27-28, 2010
(第47回日本口腔組織培養学会学術大会,高地,2010年11月)

宮内知彦,須澤徹夫,小野美樹,山田篤,高見正道,宮本洋一,小笠原歩,,林竜平,西田幸二,槇宏太郎,大隅典子,馬場一美,上條竜太郎:
毛包から純化した神経堤細胞による象牙芽細胞への分化誘導.
第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会プログラム,p281,2010
(第33回日本分子生物学会年会,神戸,2010年12月)

小野康寛,菅沼岳史,金石あずさ,若林克敏,馬場一美:
VP(バーチャルペイシェント)システムの部分床義歯学学生実習への応用.
Dental Medicine Research, 31: p67-81, 2011
(第30回昭和歯学会総会,東京, 2010年12月)

阿部有吾,安藤彰啓,渡邊友希,片岡竜太,船登雅彦,三間清行,古屋良一:
昭和大学歯科病院顎関節症科開設5年間の顎関節症の臨床統計.
Dental Medicine Research, 31: p67-81, 2011
(第30回昭和歯学会例会,東京,2010年12月)

樋口大輔,石浦雄一,尾関雅彦,馬場一美,栗原祐史,吉澤泰斗,代田達夫,新谷悟,内田圭一郎,佐藤裕二,岡野友宏:
昭和大学歯科病院インプラントセンターにおける臨床統計(2009年5月から2010年4月まで).
Dental Medicine Research 31, p 79-80,2011
(第30回昭和歯学会例会,東京,2010年12月)

安部友佳,馬場一美,五十嵐順正:
多変量解析による睡眠時ブラキシズム寄与因子の検討.
第75回口腔病学会学術大会プログラム・抄録集,p22,2010
(第75回口腔病学会学術大会,東京,2010年12月)

岩佐文則,堀紀雄,山田将博,鈴木丈夫,上野剛史,馬場一美:
チタンのUV処理は初期細胞接着における細胞内情報伝達を促進する.
(第3回口腔先端応用医科学会議, 東京, 2011年1月)

Miyauchi T, Suzawa T, Ono M, Yamada M, Takami M, Miyamoto Y, Ogasawara A, Hayashi R, Nishida K, Maki K, Osumi N, Baba K, Kamijo R.:
Induction of differentiation of odontoblast-like cells from neural crest-derived cells isolated from mouse whisker pads. (Young Investigator Award Winner)
口腔先端応用医科学研究会第3会学術会議 プログラム・抄録集,p40-41,2011
(The 3rd Annual Conference of Academy of Advanced Applied Science on Oral Medicine, Poster presentation #4, Tokyo, January, 2011 )

Schille C, Ishiura Y, Mester C, Groten M, geis-gestorfer J:
Duration Limit Of Fiber Posts In The Staircase Fatigue test.
(2011, 89th IADR, San Diego, March 2011)

Iwasa F, Hori N, Yamada M, Suzuki T, Ueno T, Baba K, Ogawa T:
UV-treated titanium enhances intracellular response in intial cell adhesion
(2011, 89th IADR, San Diego, March 2011)

古山千紗子, 塚崎弘明, 馬場一美:
歯の欠損とQuality of Life.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度公開シンポジウムプログラム・抄録集,p14,2011
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度公開シンポジウム,東京,2011年3月)

高橋那奈,森崎弘史,井上祐貴,平沼克己,木下亨,安田登,石原一彦,五十嵐武,馬場一美:
MPCポリマーによる義歯床表面へのS, mutansバイオフィルム形成抑制
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度公開シンポジウムプログラム・抄録集,p48,2011
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度公開シンポジウム,東京,2011年3月)

その他

馬場一美:
(講演) 顎機能障害誘発に関与する因子とその対応—睡眠時ブラキシズムと日中歯牙接触習癖—
(平成22年度札幌歯科口腔外科研修会,札幌,2010年4月)

馬場一美:
(講演) ブラキシズム最前線-歯科治療のパラダイムシフト~力との闘い-.
(平成22年度東京医科歯科大学歯科同窓会講演会,東京,2010年5月)

馬場一美:
(講演)
(平成22年度台東区歯科医師会講演会,東京,2010年6月)

馬場一美:
(講演) 卒後研修 最新の知見を基盤とした補綴臨床ステップアップ-欠損補綴のエッセンス-.
(平成22年度東京都歯科医師会,東京,2010年8月)

馬場一美:
(特別講演) ストレスや生活習慣と睡眠時ブラキシズム.
(産業歯科保健研究会第30回研修会,東京,2010年8月)

馬場一美:
(講演) 睡眠時ブラキシズムと歯科技工—マテリアルとデザインの選択—.
(都技生涯研修2010 全都講習会,東京,2010年9月)

馬場一美:
(講演) 睡眠時ブラキシズムと歯科臨床—合理的診断と対応法—.
(大阪府歯科保険医協会9月度生涯研修,大阪,2010年9月)

馬場一美:
(講演) 睡眠時ブラキシズム 眠時合理的診断と対応 理.
(神奈川歯科大学研究談話会,神奈川,2010年9月)

馬場一美:
(講演) 睡眠時ブラキシズムと補綴歯科治療 眠時合理的診断と対応–.
(北海道形成歯科研究会,札幌,2011年1月)

Baba K:
Strategies for management of sleep bruxism – clinical implication of basic findings.
(The 38th Indian Prosthodontic Society Conference, Indore, 2010年11月)

馬場一美:
(講演) 睡眠時ブラキシズムの合理的診断と管理.
(九州大学大学院講義,博多,2011年2月,)

Baba K:
(2011 IADR/AADR Lunch and Learning #16)Strategies for Management of Sleep Bruxism – Clinical Implication of Basic Findings.
(IADR/AADR/CADR 89th General Session and Exhibition, Lecturer, San Diego, 2011年3月)

このページを印刷

2010年度業績集