昭和大学歯科補綴学講座

昭和大学歯科補綴学講座

ABOUT

講座の沿革

講座の沿革
講座の沿革

  • 2004年4月1日「昭和大学歯科補綴学教室」が誕生。

  • 2007年10月1日馬場一美が2代目の主任教授として就任。

  • 2012年4月1日「昭和大学歯科補綴学講座」に名称を変更。

2004年4月1日、冠橋義歯学講座と有床義歯学講座が統合され,「昭和大学歯科補綴学教室」が誕生した。
初代主任教授は川和忠治現名誉教授で、2007年10月1日に馬場一美が2代目の主任教授として就任し現在に至っている。

統合から7年を経た現在では冠橋、有床の垣根をこえ名実ともに一体化し、歯科補綴学全領域の研究・臨床・教育業務を担うばかりでなく、顎関節症科、インプラントセンターといった診療部門の一翼を担う,国内でも唯一の補綴系の総合講座である。

2012年4月1日、昭和大学歯学部の改組に伴い、「昭和大学歯科補綴学講座」となり、一部の医局員は新設された「インプラント歯科学講座」および「スペシャルニーズ口腔医学講座顎関節症治療学部門」に移籍することとなった。現在の常勤医局員数は22名であり,教授1名,准教授1名,講師4名,助教16名を擁する。また、大学院生は13名在籍しており、毎年10名前後の臨床研修医が半期ごとに配属されている。