昭和大学歯科補綴学講座

昭和大学歯科補綴学講座

ABOUT

ごあいさつ

ご挨拶
ご挨拶

補綴(ほてつ)歯科を考える

”補綴(ほてつ)歯科”というと一般の方になじみが少ないかもしれませんが、
歯科治療における補綴とは、歯が欠けたりなくなった場合にかぶせものや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。(社団法人日本補綴歯科学会)
歯を失うと口もとの審美性(見た目)や咀嚼や発音といった日常生活に必須の機能が妨げられ、著しく生活の質(QOL)が損なわれます。

それだけではなく、歯がない状態を長期間放置することにより、残った歯の位置が変化し、歯並びが悪くなったり噛み合わせが変化して、2次的に虫歯や歯周病を引き起こしたり顎関節症になったりすることがあります。

また、全身的な健康へも影響があり、歯が失われて消化器官としての口腔の機能が損なわれると他の消化器官への影響が危惧されます。
さらには健全な咀嚼機能を維持することが脳の活性化にも役立つことが報告されています。

私たちは多くのニーズに応えるために、昭和大学歯科病院の他の専門外来と緊密に連携しながら最新の治療を提供して参ります。
十分なインフォームドコンセントに基づく患者さん中心の医療を行うことは言うに及ばず、補綴専門外来として質の高い治療をスタッフ一同で提供して行くつもりです。

お気軽にご来院いただければ幸いです。


昭和大学歯学部歯科補綴学講座教授・科長
馬場 一美 (Kazuyoshi Baba)
Professor, School of Dentistry, Showa University

  • 1986年 東京医科歯科大学歯学部卒業
  • 1991年 東京医科歯科大学大学院修了
  • 1996年 文部省在外研究員米国UCLA
  • 2002年 東京医科歯科大学講師
  • 2007年 昭和大学歯学部教授(歯科補綴学講座)
  • 2013年 昭和大学歯科病院副院長

日本補綴歯科学会理事(JPR編集委員会)※2017年6月まで
               
日本補綴歯科学会東京支部会理事・副支部長
International Association for Dental Research Prosthodontics Group: Director